意外といいかも!? あえてチョイスしたい小規模な結婚式

ごく近い関係の人たちだけを集めた結婚式

一般的な結婚式(披露宴)というと、親族や友人・知人など大勢の招待客を集めた式を想像するかもしれません。しかし近年では、両家の親族を中心に、ごく親しい人だけを集めた小規模な結婚式を企画するカップルが増えています。結婚後の人生を長く付き合っていくであろう人たちに向けて、じっくりと結婚の報告をするためです。出席者を限定しているため、新郎新婦とのコミュニケーションは長い時間を確保できます。特に、配偶者の親族とコミュニケーションをとっておくことは、結婚後の生活のために大切なことです。

コストを抑えられるのもメリットです

小規模な結婚式(披露宴)を選択すると、コストを抑えることも可能です。必ずしも豪勢な結婚式を行う必要はなく、新郎新婦の将来のために貯蓄しておくことも有効なのです。出席者が少ないため、必然的に広い空間を必要としません。そのため、ある程度高級なホテルなどを利用するとしても部屋の利用料は抑えられます。また、広い空間を必要としないということは、会場の選択肢が多いことも意味します。ホテルはもちろん、飲食店を貸し切りで利用する方法もありますし、地域によっては公民館なども選べます。会場料金を抑えたぶん、料理に上質なものを選ぶのもひとつの方法です。

友人にも結婚の報告をしたい時は?

小規模な結婚式では、両家の親族以外の出席者は限られます。友人のなかでも親友と呼べる人や、格別にお世話になった知人などになります。しかし、もう少し幅広い友人・知人にも結婚の報告をしたい、年賀状などでの報告では味気ないと思うかもしれません。そんな時は、結婚式とは別に食事会を企画するとよいでしょう。その場には両家の親族はいないので、堅苦しさのないパーティーとして配偶者を紹介できます。対象者が少ないなら、新居に招くのもひとつの方法ですね。

少人数の結婚式なら東京の式場のコースに目を向けることで、コストパフォーマンスの良さやスケジュールの立て方に気を使いながら、契約を結ぶことができます。